街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

空いている土地は月極駐車場に

空き地になったままの土地を持っている人は、そのまま遊ばせておくのはもったいないものです。しかし、そのままにしている理由は人それぞれです。新たに家を建てる予定もないのでそのままにしているという理由もあります。そのままにしておくのはもったいないので、誰かに土地を買ってもらえないだろうかと売りに出してみたものの、いつ買ってもらえるか分からないのをひたすら待っているのも効率が悪いものです。

空き地になっている土地からお金を産み出す方法として、アパート経営をするにしても、最初に膨大な資金が必要でなかなか踏み切れずにいる人が大半です。しかし、資金がそれほどかからずに空き地をお金に変える方法があります。それは、月極駐車場として貸し出すことです。「こんなところに駐車場を作っても誰も停めてくれないだろう」と思っていても、街中に空き地がある場合は十分活用することが可能です。

街中のアパートでは、駐車場が付いていないところがたくさんあります。車を持ちたいと思っていても、駐車場がなくて困っている人にとっては、多少のスペースでも十分有り難いものです。仮に数台しか停めることができない場所だとしても、借りてくれる人がいれば、僅かながらでも毎月の収入が期待できます。実際に駐車場として土地を利用するときには、きれいに整備してあれば停める人も停めやすいので借りてもらえる確率が上がります。

しかし、整備するのに多額を投資することができない場合は、地面に細かい砂利を敷いてロープなどで駐車枠を作っておくだけでも十分役割を果たすことができます。自走式駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です