街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

機械式駐車場は夏場が大変

マンションで生活していく時にネックとなる部分に駐車場があります。立地やタイプによって色々な影響があるものですが、覚えておくと良いのが、機械式駐車場の特徴です。機械式駐車場と言うのは、地上から近い部分の車を上げる操作だと大した時間はかかりませんが、段が一段しただと、単純に倍の時間がかかることになり、そうなると感じ方がかなり変わってくるものです。出掛ける度に上げて下げて、帰ってきたら上げて下げて、と車を出し入れする度に機械操作が必要になってきますから、場所によっては1日に10分ぐらいは機械操作に時間をとられることになります。

これはひと月にしたら、300分ですから、5時間も機械操作に時間を使っていることになるわけです。また、機械式駐車場の操作は、単純に時間がかかり、気持ちの面での感じ方が普通の駐車場とは違ってくるだけではありません。季節によって体感温度に差が出てくるので、操作時にはそれを意識して時には対策を施すことが大切です。位置によっては日陰になってくれることもありますが、かなり暑い部分もあり、そこにじっと立って機械操作をするのは結構つらいものがあります。

暑い日の場合には、この上げ下げの作業の間で汗をかいてしまうこともあります。こういったつらさを少しでも軽減させるために、日傘を持って行くようにすると良いです。使った後は車の中に入れておけば良いだけですから、かさ張りません。ちょっとしたことですが、快適な生活をして行く上では大事なポイントとなるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です