街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

集客効果に影響の大きい駐車場設置

店舗経営をする上では駐車場は準備してあれば良いとつい考えてしまいがちですが、その利用の快適さは集客効果に直結ることは記憶の片隅に置いておく価値があります。独立して店舗経営を行おうと決意した際に、店舗物件を探したり、実際に店舗設計を行ったりする際に、並行して駐車場の手配も行うことが典型的です。そのときにどういった形で駐車場をデザインする、あるいはどういったデザインや立地のものを手配するかということは疎かにしてはいけないということを覚えておくだけでも価値があるでしょう。実際問題として考えた際に何を重視しなければならないかということは業態によって異なります。

近くて台数も多く、一台一台のスペースも広くてとめやすいなどといった形で理想を追い求めればそれだけ利用者にとってはプラスになるのは当然です。しかし、土地は安いものではないため狭いスペースを有効利用しなければならないということは常に考慮しなければならない点です。そのため、業態に応じて何を最も優先すべきかを考えなければなりません。想定する客層を考えるのが重要であり、例えば飲食店であれば家族連れなので子供がいることを想定して道を渡らずに店舗まで来られるということを重視すると安全です。

雨の日に選んでもらえるように屋根を設置したり、アーケード等を通って来られるように立地を選べるとよりよいと言えます。他店との競合も考えるのが重要であり、雨対策をしていない飲食店が多い場合にはその対策をするだけで雨の日に選んでもらえる可能性が高まるでしょう。戦略的に駐車場を準備することは集客のために大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です