街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

土地活用に人気なコインパーキング

遺産相続などで思いがけないタイミングや形で土地を手に入れる人がいらっしゃいます。もちろんそこには建物が建っているケースもありますが、中には更地という場合もあるでしょう。土地は不動産ですので所有しているだけで毎年固定資産税という税金が徴収されます。建物が建っていて毎月賃料を得ている場合は別として、何もないのに税金を徴収されるのは面白くありません。

大抵の人は売却してまとまったお金を手に入れますが、中には折角の土地を活用する人もいらっしゃいます。こうした土地活用で有効なのがコインパーキングです。コインパーキングは導入さえしてしまえば無人で利益を生み出すことが可能な上、365日24時間休むことなく天候に左右されず運営することが可能です。また、需要のある土地であれば月極め契約を儲けることで利用者に利便性を与えられると共に、毎月固定の収入を見込めますので利益をコントロールしやすくなります。

初期投資が少なくて済むということもコインパーキングの魅力でしょう。極端な話、料金精算システムさえしっかりしていれば地面が土のままでもいいわけです。また、月極めのみの運営であれば料金精算システムは必要なく、駐車スペースを分かるようにしていれば良いので簡単かつ手軽に始められます。あえて言うのであれば、需要があるかどうかの調査は必要です。

例えば駐車場が付いている一戸建ての住宅街にコインパーキングをオープンさせても需要はありません。逆に、駐車スペースに困っている人が多いようなマンションの側であれば需要があるのは明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です