街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

自走式駐車場を利用するにあたっての注意点

自走式駐車場は、自動車に乗ったままの状態で立体駐車場の駐車スペースまでたどり着くことができるメリットがあります。大型商業施設やアミューズメント施設、公共施設や駅などで建設されていることも多く、自動車を停車するスペースを確保できる点でも利用しやすいです。自走式駐車場の利用は、階層を行き来するためのスロープが設置されているため、上階にもスムーズに行くことができ、駐車スペースを探しやすい魅力もあります。来た方も上階まで行くことなく途中で駐車場を見つけることも可能で、また下りる方向と上る方向も決められているため、利用しやすい点でも良かったりします。

ただ自走式駐車場は利用する上でも便利であることは確かですが幾つかの注意点も存在し、車高が高すぎる自動車は停車することができない点があります。入り口付近で車高の高さの限界値を示す看板が存在するため、それを押さえることが肝要となります。また自走式駐車場は中の状態が見にくいこともあるため、どれだけの台数が駐車しているかを見ることができない点があります。さらには死角も多いため、車内窃盗やキズなどを付けられたりする被害も後を絶たないというのが実態となります。

エレベーターなどが付いておらず階段により降りる必要があったり、料金の支払いでも割高な料金を請求されるケースも存在します。従って自走式駐車場を利用するにあたっては、前もってその利用にあたっての情報を仕入れておくことがポイントとなることは確かです。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です