街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

自走式駐車場のメリットとデメリット

自走式駐車場は2つ以上のフロアがあって機械ではなく、自分で自動車を走行させて駐車する形式の駐車場の事を言います。自走式駐車場には2階建ての駐車場もあれば3階建て以上になる駐車場もあります。また地下にあるタイプの駐車場もあります。自走駐車場のメリットは複数の階があるので、最上階以外は屋根があって雨風を凌げます。

地下にあるタイプの駐車場ならばす全てに屋根があるので、直射日光や雨風に晒されずに済みます。機械式の駐車場と比べてると駐車スペースも広い駐車場が多いので、駐車時に余裕を持って駐車ができます。セキュリティーの面でも優れていて特に地下にあるタイプの自走式駐車場では全て屋内になりますし、駐車場内に監視カメラを備えている駐車場も多いです。自走式駐車場を使うデメリットは重量制限がある駐車場もあって大型の車両の場合は重量の問題で利用できない事があります。

またスロープで駐車場内を移動するので、車高の低い車だとスロープの部分で車体を擦ってしまう事もあるので、車高の低い車には利用は向いていません。さらに賃料も機械式の駐車場と比べると相場が割高になっているので、費用が少し高くなります。自走式の駐車場を契約する時は賃料だけでなく、重量制限やスロープの角度などを確認しておくと良いです。また契約したスペースの隣の車も確認しておくと契約後に両隣が車体の大きい自動車で、予想よりもスペースが大きくなかったという事も避けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です