街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

自走式駐車場のメリットとデメリット

自走式駐車場以外にも、平置きや機械式などがあります。自走式駐車場のメリットとデメリットを把握し、判断することが大切です。自走式駐車場のメリットとして、まず、出し入れがしやすいということが挙げられます。駐車スペースが広めに設定されていることが多く、また、機械式駐車場のように、入庫時に機械に車がぶつかったり、センサーに反応しないかなど、気にすることなく入庫することができ、複数階タイプは多少時間はかかりますが、機械式などと比べると、機械操作などの時間が必要ないため、時間はほとんどかかりません。

最上階より下の階については、屋根が付くことになり、雨風や太陽などによる車の劣化を防ぐことができることもメリットです。ただし、網目状の鉄筋タイプなどは効果は下がります。ビル地下等のタイプの自走式駐車場の場合、屋内に入ることでセキュリティーが高くなり、監視カメラや、入口のゲートバーやシャッターなどがあるタイプが多いので、屋外と比べるとセキュリティがとても高いということも良いことです。デメリットとしては、車の一番低い部分までの高さの地上高が低い車の場合、スロープがあるため、急なところだと擦ってしまいます。

スポーツタイプなどは特に注意が必要です。現地で必ず試すことがお勧めです。収容台数が比較的多いということで、周囲の車に気を配る必要があるということもあります。目の前の車の大きさなどを考慮したうえで、自分の車が問題なく入庫することが出来るかということをチェックする必要があります。

また、入庫時に後ろの車を待たせてしまう機会も増えてしまうということも問題として挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です