街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

自走式駐車場とは何か

立体駐車場の中でも、駐車スペースまで運転するタイプのものを自走式駐車場と呼びます。機械を使用しない単純な構造であるため使いやすく、維持費もそれほどかかりません。ただし、土地の広さが求められるのでどこでも建てられるものではありません。階層を移動するにはスロープを使いますが、土地の幅が狭ければ傾斜がきつくなってしまうので、ある程度の幅は必要です。

自走式駐車場の構造にはいくつか種類があり、フラット式が最も一般的なタイプです。一階層ごとにスロープで移動するもので、平坦で見渡しが良く、空きスペースを探しやすい駐車場なので集合住宅や商業施設でよく使われているタイプです。ただし、スロープの傾斜を緩くするために土地の幅が最も必要になります。スキップ式は階層と階層の間に半階層が入っている自走式駐車場であり、スロープの長さが半分になるので土地の幅が狭くても建てやすいタイプです。

これも平坦で使いやすく、安全性が高いので、集合住宅などに適しています。最も土地の幅が狭くても利用できるタイプの自走式駐車場が連続傾床式であり、駐車スペースとスロープが一体化しており、らせん状になっています。面積当たりの駐車台数に優れている構造ですが、床が傾いていて駐車しにくいのがデメリットになります。傾斜は緩くなっていますが、不特定の人が利用する商業施設に使うにはあまり適していないので、会社の駐車場などで利用するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です