街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

多くのメリットがある自走式駐車場

自走式駐車場とは、二階建てのものや地下に設置された物などがあり、各階及び屋上などに自動車を駐車する為に用います。自分の運転によって、スロープなどを使い自動車を指定の場所まで移動させる形式の自動車車庫で、マンションの敷地内や大型商業施設に使われることが多く、コンクリートとなどで舗装されていて、最上階以外は屋根が付いています。自走式駐車場のメリットとしては、出庫や入庫をする際に機械的な操作が必要なく、駐車可能な車の制限も少ないです。制限があったとしても自家用車に利用しているほとんどの車は大丈夫です。

また、機械式と違い駐車した後でも荷物の出し入れをすることが可能で、雨の日でも屋根の付いている部分では濡れることなく、乗り降りや荷物の出し入れができます。駐車場経営する場合にも利用効率が良く、平面式の駐車場に比べると圧倒的に駐車可能台数が多いです。少ない土地の面積で多くの駐車スペースを作ることができるし、機械式のと違い故障することがほとんどないので、メンテナンス費用を抑えることができて、駐車場の賃料を安く抑えることができ、多くの利用客が見込めます。また、駐車場自体の構造がしっかりとしている為、一度建ててしまえば長い期間、使用することができるので費用対効果がとても良くなります。

利用者が多い時間などは、走行スペースの幅がギリギリで離合が少し大変かもしれませんが、多少のデメリットよりもメリットの方がはるかに多いので、自走式駐車場は優れている駐車場と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です