街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

自走式駐車場利用の場合のメリット、デメリット

自走式駐車場というのは、2階以上のフロアがあり、機械ではなく自分で車を走行させて駐車する形式の平置き駐車場です。大型ショッピングセンターの駐車場でよく見るタイプです。立体駐車場の一種ですが、立体駐車場にはこのほか、機械式駐車場があります。リフトなどで車を垂直移動させて駐車スペースに運ぶものです。

自走式駐車場には機械式駐車場にはない、いくつかの特徴があります。利用する場合のメリット、デメリットに分けて説明します。まず、メリットの第1としては車の出し入れがしやすい、ということが挙げられます。自走式駐車場は駐車スペースが広めに設定されていることが多くなっています。

機械式駐車場の場合は敷地自体が狭い場所に設けられていることが多いこともあり、入庫する際に機械にぶつからないよう、注意する必要がありますが、自走式ではそうした心配はいりません。また構造上、最上階以外は屋根がつくので雨風や太陽光による車の劣化を防ぐことができます。長期間止める場合は大きなメリットになります。ただ、床がコンクリートではなく網目状の鉄筋タイプのものもあります。

この場合は雨が下に漏れますので、注意が必要です。自走式駐車場にはビルの地下に潜るタイプもあります。このタイプは入り口にゲートバーがあったり、監視カメラが設置されていたりする場合が多いので、セキュリティは非常に高くなります。一方、自走式駐車場にはスロープがつきものです。

敷地の有効利用の関係からスロープは急になりがちです。こうした場合、車高の低い車は車の下を擦ってしまうため、使いづらい、というデメリットがあります。また、入出庫が重なると、後ろの車を待たせるなど、神経を使う場面も出てきます。自分の車の特徴や使い方を確認し、メリット、デメリットを考慮する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です