街でも田舎でもよく見かける自立立体駐車場

コインパーキングの入り方と出方

コインパーキングを利用された方も多いと思います。コインパーキングとは、利用した時間に応じて代金を払うというシステムになっているパーキングのことです。そのほとんどは無人で運営されています。無人の場合は機械によって車の入庫と出庫を行ないます。

支払い方法も自動的になってるものがほとんどです。中には入る時が無人ですが、出る時には管理人にお金を払うというコインパーキングもあります。形式も様々です。屋根なしの青空タイプから立体といった大型パーキングまでいろいろなタイプがあります。

車を停める際には注意が必要です。ある程度大きい場合、停める方向が指定されている場合が多いからです。その指示に従うようにしなければなりません。その指示に従ってきちんと停車するならば固定具が車を固定するというシステムになっています。

しかし、平型コインパーキングではそれについては、特に指示していない場合が多いです。その場合、指定された枠内にきちんと停めるだけで十分といえます。大きなコインパーキングのほとんどは発券式となっています。ゲートのところにチケットが発券されるボックスがあります。

ゲートに近づくと自動的に発券される仕組みになっています。それをチケットを取るならばバーが自動的に上がります。出る時は出口ゲート近くにあるボックスに券を入れると料金が表示されますので、その料金を支払うということによってバーが上がり外に出るということができます。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です